<パロマ工業中毒死>元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市)製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(60)は期限の25日までに控訴せず、執行猶予3年が付いた禁固1年6月と同1年が確定した。事故で亡くなった上嶋浩幸さん(当時18歳)=東京都港区=の母幸子(ゆきこ)さん(56)は会見し「(元社長らは)浩幸の墓前で謝罪してほしい」と話した。

 幸子さんは、生前の浩幸さんと一緒に買いに行ったという四つ葉のクローバーのペンダントを身につけて会見。「有罪判決が確定しても、ヒロ君は戻ってこないのが悔しい。(元社長らは)公判でいつも『誠心誠意対応する』と言ってきたが、具体的に何をするつもりなのか。執行猶予の3年がたったら、そのまま忘れてしまうのではないか」と悔しさをにじませた。

 一方、小林元社長らは「裁判所の判断は心外だが、個人的事情により控訴しないことにした」とのコメントを発表した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
パロマ工業中毒死:元社長ら控訴せず 有罪確定へ
パロマ中毒事故:対象製品所有者らに注意 消費者庁
パロマ中毒事故:元社長らに有罪判決 東京地裁
パロマ中毒死:11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」
パロマ湯沸かし器事故:回収対象の製品、HPで注意喚起−−消費者庁

放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
事業仕分け 審査せず交付で収入11億円…「資格・検査」法人(産経新聞)
普天間問題 首相、日米の信頼強調 辺野古移設「環境に配慮」(産経新聞)
子ども手当、修正含め検討=一部現物支給も−長妻厚労相(時事通信)
覚せい剤密輸で邦人拘束=中国青島―2.5キロ所持、厳罰の可能性再び(時事通信)
[PR]
by 0perfbag8v | 2010-05-27 21:46